ニキビケア ビタミンC誘導体 ランキング

ニキビケアに効果のあるピュアビタミンCやビタミンC誘導体の種類

ビタミンCが肌になかなか浸透しない理由とは?


ビタミンCは、ニキビやニキビ跡ケアにとても効果のある成分です。


ですが、ビタミンCは肌になかなか浸透しない成分です。


その理由は、ビタミンCは水溶性で、肌には皮脂(油分)の膜があるから。


水は油に溶けませんよね。

なので、ビタミンCは、肌になかなか浸透しないんです。


それを肌に浸透しやすくしたのが、ビーグレンの浸透技術ビタミンC誘導体です。


そして、ビタミンC誘導体には、いくつか種類があって、それぞれメリット、デメリットがあるんです。

ニキビケアに効果のあるビタミンC誘導体の種類

大きく分けて、化粧品に入っているビタミンCは、


・ビーグレンの浸透技術によるビタミンC

・ビタミンC誘導体


の2種類があります。


そして、ビタミンC誘導体には、


@水溶性(アスコルビルリン酸Naなど)

A油容性(VC-IPなど)

B水溶性と油容性の両方の性質をもったもの(APPS)


があるんです。


水溶性は即効性があり、油容性は浸透力が高いという特徴があります。


水溶性と油容性の両方の性質をもったものは、効果も早く、

肌の奥まで浸透しやすいということなんです。


ビタミンCを肌に届けやすくしたビタミンC誘導体には、

ビタミンCの濃度が薄くなってしまうという弱点があるのです。


純粋なビタミンCを100%とすると、


@アスコルビルリン酸Na(水溶性) : 49.2%

AVC-IP(油容性) : 15.6%

BAPPS(両方の性質) : 31.5%


と、水溶性のビタミンC誘導体で約半分の濃度、油容性に限っては1/4以下になってしまうんです。

ビーグレンのビタミンC美容液はすごい!

ビーグレンのCセラムのビタミンCは、ビタミンC誘導体の欠点を

解消したすごいビタミンCなんです。


ビーグレンの美容液CセラムのビタミンCは、水溶性なので即効性が期待できます。


また、QuSomeという技術によって、肌の奥まで素早く浸透することができます。


しかも、この技術のすごいところは、ビタミンCの濃度が90%以上ということなんです。


ビーグレンの美容液Cセラムは、

『即効性が期待できる高濃度のビタミンCが肌の奥までしっかり届く』

というわけなんです。


価格が4,900円するので少し高い気がしますが、この効果なら納得の値段ですね。


ここで、ビタミンC全体に関する注意事項です。


ビタミンCは、紫外線に当たると分子構造が壊れてしまい、効果が無くなってしまいます。

なので、ビタミンC配合のものを使う時は、夜だけにすると、無駄が少なくてすみますよ。


高濃度、高浸透ビタミンCできれいな肌を手に入れる!

Copyright © ニキビケアに効くビタミンC誘導体の選び方|人気ランキング All rights reserved